FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「山崎シリーズ」相馬哲生
「隣人の妻 六つの禁断寝室」 、「【タブー】禁じられた隣人たち」、「五つの大罪 禁断の贈りもの 」  相馬哲生/フランス書院文庫

 文庫用の書き下ろしなのか、どこかの雑誌に掲載されていたものををまとめているのか不明だが、同一の主人公での短編連作が収録されている。三冊も続いているのは珍しいのではないかと思う。
 主人公山崎は既婚で幼稚園に通うような小さな女の子もいるサラリーマン。短編なので、あまりどんな仕事をしているか等の日常の描写は薄い。
 とにかく各話、最低1人、場合によっては何人かの女性を相手にする。全部で十数話にもなるので、けっこう多彩。もともとの知り合いから話の中で初めて出会った娘まで、年も高校生の少女から熟女までと幅広く関係を持っていく。向こうから好意を向けられる場合もあるけれど、気を引くような女性を見かけると、欲望に忠実に動く。多少強引なところはあれど無理やり力づくでなどという真似はしない。
 どれを取ってみても、レベルは維持していて、1本1本はそこそこ良作。ツボに入るヒロインやシチュであればさらに加算になるかと思う。夫と喧嘩した新婚旅行中の新婦、旧友の娘と母親、娘の幼稚園の先生、上司の奥方、妻の友達、元の部下など改めて見ると本当にヒロインはいろいろだと感じる。
 最後に何故か露出プレイになってしまう社長令嬢の話と、その次の母親の話の連作がかなり好みだった。母娘比較している描写とかがシチュ的に何ともエロかった。上司の夫人との話はラストが海堂剛氏の作品を彷彿とさせたりもする。似た感じのがもうひとつあってそちらもラストが同じなのがさらに似ていると微笑を誘った。

 しかしまとめて読んでみると、山崎が凄いなと感嘆すら覚えてくる。相手にしている人数が凄い事になっている。もちろん一回だけで関係が終わる話も幾つかあるけれど、逆に話の中だけでも何度と無く関係を重ねていく描写があり、なおかつ継続したまま話が終わるのものもある。むしろそちらが多い。メインヒロインだけでなく、サブのヒロインと関係を持っていたりもするし。話と話で時間の経過があったのだとわかるくだりもあるけれどせいぜい数年の間の出来事だろうし、瞬間風速的には同時に何人とそうした関係を続けているのか。円満らしい家庭を持っていて、普通に勤め人として働いていて、それでこうまでと考えると異様にすら思える。単純に費やす時間と労力、費用とか考えるだけでもどうなっているのか。あくまで本に載っているのは全てでなく、多大な遍歴の一部だろうし。

 このまま四冊目、五冊目と巻を重ねていくのかと期待していたが、三冊でとりあえずシリーズは止まってしまった。まだまだ幾らでも話は出来そうなんだが。見舞いに訪れた病院に勤める看護婦とか、娘のピアノ教室の先生とか、魅力的に成長した遠縁娘とか。このまま終わるのは残念な気がする。

       

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2008/12/18 06:09】 | 相馬哲生 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。