FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「初愛」田中ユタカ
「初愛」 田中ユタカ/竹書房

 しばらく一般誌での活動をしていて、エロ漫画としては久々の新刊。
 絵柄など以前とは変化している部分はあるけれど、読んでみると良い意味で変わらない田中ユタカの漫画だった。純愛系のエロ漫画というカテゴリーなんだけど、それよりも田中ユタカ漫画と言った方がしっくりくる感じ。

 それぞれ独立した短編が9編収録されていて、本のタイトルにもなっている「初愛」以下、ほとんどの作品が恋人同士の初めての姿を描いている。そのため二人とも初めてとか、失敗しての再挑戦といったシチュエーションが目立っている。 
 起承転結のあるお話というより、場面切り出し型の話の構成なのだけれど、それでも二人がどういう関係でどのようにしてこうなっているのかというのは多かれ少なかれわかるように描かれているのは巧いと思う。そうしたあれこれの結実として結ばれているんだという背景があると同じ行為を見ていても没入感が変わってくる。
 そう凝ったプレイをしたり、淫語を叫んだり、汁塗れになったりといった描写はほとんど無いけれど、ヒロインの歓びとか、感じている描写、何より幸せそうな表情というのが、独特のエロさを感じさせてくれる。何とも言えない満足感が生じてくる。
 絵としては主人公も描かれているけれど一人称視点でやり取りしているように感じさせるのが大きいか。恋人がこちらを見つめているといった構図も多いし。
 それなので逆に「美雪の性器のニオい…」なんて表現出てくると、が妙にドキリと感じたりする。

 同級生同士、先輩と後輩、憧れていたお姉さんなど、カップルの関係はいろいろ。教師と女生徒の話が、あえて在籍中は禁断の関係にはならず卒業までの時間を待ってようやく……というシチュエーションで、田中ユタカらしいなあと感じた。

 エロいというより読んでて幸せになるようなエロ漫画で、それでいてエロが温いわけでは無くて十分以上にエロい。お勧め。


        

【2012/03/04 11:40】 | 田中ユタカ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「女教師」ドリルムラタ
「女教師」ドリルムラタ/ティーアイネット

 内容がタイトルそのままで、高校生の主人公が次々と女教師と関係を持つといった展開の長編。
 少し高飛車で主人公を弄ぶ女教師、主人公が憧れている優しい女教師、人妻の保険医、部活の顧問でボーイッシュな女教師と、ヒロインは4人で変化をつけている。他に同級生とかはいっさい出さないので、女教師好き、あるいは年上好きにはポイントが高い。
 各ヒロインの簡単なプロフィールのページはあるが、特にあとがきや描き下ろし作品などは残念ながらなし。

 ふとしたきっかけで女教師に弄ばれるようになり、学業にも支障をきたすようになり、別の先生に相談したが信じて貰えず襲ってしまい、許されはしたものの気まずい状態なところに新たな……と続く流れ。ゲスト的に毎回違う相手が出ては消えるという訳ではなく、連鎖してはいるけれど、正直エロ重視でこったストーリー展開とはなっていない。フランス書院文庫辺りだと、それぞれに関係がばれるかして、最終的に皆と一緒にと言うハーレム展開にでもなりそうだが、並行関係が続いていく。一応のラストはあるけれど、続きを描けなくもないなと思える。
 陵辱系も描いている人だが、そういう展開はなし。襲ってしまってという流れくらいで、後で許されてもいる。

 本来メインヒロインになる筈の憧れの国語教師とも関係悪化して悩んだりした割に、思いが通じると却って引き気味になる主人公が少々不自然で終わりがちょっともやもやする。
ちょっと主人公の煮え切らなさとか気にならなくもないが、女教師ものが好きであれば楽しめると思う。そ ただしエロさ重視で見ればかなり良い。それぞれ一回登場して終わりで無く、回数重ねたりして密度を濃くしているし。変に複雑にしたり、話を作るためだけに不必要にごたごたと騒動を起こしたりするのより、良いのではないかと思う。


        

【2010/11/30 02:40】 | ドリルムラタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「それは歴史にカかないでっ!」高津
「それは歴史にカかないでっ!」 高津/コアマガジン

 描き下ろしなど含めての表題作の連作が10本と、短編2編という構成。
 母子ものと姉弟もの、特に表情に乏しい役者の姉が娼婦役をやる事になり艶やかな表情をさせるために弟が……という「たった一晩で演技の幅がグングン広がるレッスン方」などもかなり良いのだけど、やはりメインが圧巻の存在感。
 分類すれば同居モノのカテゴリーに入る話かと思う。宇宙人とか女神様とかに比べればまだ人類なだけ現実寄りかもしれないが、未来に目覚めるためにミイラにされて眠っていた古代エジプト人という設定は独自性があると思う。

 内容も絵もコメディ寄りではあるのだが、読んでみるとかなりエロく感じる。見せ方の巧さとか、部分部分での描写とかが、効果的になっている。子供相手のシチュエーションなどもあって妙に皮被りに対しての弄り方が丹念に描かれていて好きな人には堪らないと思う。
 メインヒロインとしては最初に登場した妙な髪形の少女。ついでその母親。どちらもキャラが立っていて良い感じ。 表紙めくったところにあるおまけのカラーマンガに端的に表現されているけど、ヒロインが何だかんだで主人公にほだされている描写とかが非常に可愛くて良いと思う。母親と二人で競うように主人公相手にというのももちろん描かれていて濃厚になっている。
 シチュエーションもいろいろと工夫していて、お風呂で水着だったり野外だったり、薬の効果で主人公が少年化して可愛がられたりと多彩。そもそも女性陣がエジプト人としての格好していて褐色肌系なので、特色を出している。

 少年と年上女性という組み合わせが好きな人には、薬で子供化した主人公の話である5話の他、母親ともう一人の大人の女性二人で近所の少年四人を相手に筆下ろしという内容の5.9話がかなり琴線に触れると思われる。かなりお勧め。

 絵柄からちょっと見でエロマンガというよりギャグとかに傾いた話に見えそうで見逃されるかもしれないが、十二分にエロは濃いので、読んでほしい一冊。できればもう少しこのキャラでのお話が読みたい。


        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/04/12 22:48】 | 高津 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「HHH トリプルエッチ」DISTANCE
「HHH トリプルエッチ」 DISTANCE/コアマガジン

 非の打ち所のないヒロインとさほど取り得のなさそうな主人公とのラブコメというと星の数ほどありそうで、さらに実はヒロインが異常性癖の持ち主でとか過剰の性欲を持て余していてとかいうパターンに分けてもエロ漫画だと幾つもあるけれど、その中でもかなり秀逸だと思う。
 本作だとヒロインが過剰性欲を持っていて、教室で裸になって一人遊びをしているところを見つかってという第一話から展開。エロ漫画らしくそのまま最後まで進んでしまって、後はシチュエーションを変えつつどっぷりと二人の行為を描いていったりする流れでの全六話となっている。
 ロッカーに隠れてとか、お祭りに行って野外でとか、バリエーションなども凄く王道的に描かれていると思う。出来すぎる彼女に対して、嬉しさと共に釣り合っていないという自覚があって葛藤する辺りとかも。ヒロインが生徒会長で、それに対するに小動物的な下級生の男の子だったりと、「キミの瞳に欲情[コイ]してる」(TANA)を彷彿とさせる。あちらが濃厚な関係自体には別段問題を感じていないのに対して、こちらだと順応しつつももう少し普通の付き合いもしたいともやもやしている辺りが小ささそうで大きな違いなのかもしれない。
 雑誌で読んでいた時にも濃厚だと思っていたが、まとめるとちょっと胸焼けしそうになるのを除けば、実用的だし文句はない。

 他に、幼馴染の妹的存在とのお話「ピーチ てんぷれーしょん」と父娘ものの「娘と父の約束」をカバー裏でも両作品のその後かな、カラー絵を描いている。ジレンマを持ちつつも欲望に負けてしまう「ピーチ てんぷれーしょん」が良かった。
 あとがきページはあるが、作品解説とか読みきりとかの付加は無し。表紙の生徒会長がなんとも不敵な笑みをしていて目を惹かれる感じになっている。


             

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/12/30 00:14】 | DISTANCE | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「滝美梨香画集2 Erotical LOVERS」 
「滝美梨香画集2 Erotical LOVERS」 美梨香/コアマガジン

 エロゲーの「Lovers」関係の絵やメガストアなどのゲーム誌掲載のオリジナル絵などがカラーで収録されているのと共に、画集とは銘打っているがオールカラーの漫画が3本掲載されている。いずれも過去に同人誌などで描いた「Lovers」の理恵のマンガで、これが相当にエロ特化している。
 もともとのゲーム自体がエロ薄の恋愛モノではなくて、システム的には調教ものとかに近いものがあった。最初はソフトな事しか出来ないが関係が深まるとだんだんとハードな事が出来るようになったり、アブノーマルなイベントも入ったりと。

 そのかなり許容される行為が進んでしまった辺りの話を、原画家自らここまで濃厚に描いてくれるとかなりインパクトがある。ギャグボールや拘束具の使用、浴尿やイラマチオにフィストなどと、ある意味引く位にハードな行為を描いているし。
 放課後の学校の屋上での行為、ホテルでのかなり尺のあるお話と続いて、3つめの話ではグッドエンドになるのであろう形で終わっている。

 3本まとめてみると、不安からハードな行為に走っていたのが平穏を見出すといったひとつの物語の流れになって帰結しているのが構成として面白いと思う。ゲームが未プレイであっても絵柄が好みであればオリジナルとして十分に楽しめると思う。
 ゲームした人であれば、充分にお勧めできるものだろう。それとこちらではしょってある状況描写などがあるので同人誌版を機会があれば読んでみるのも面白いと思う。

        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2008/10/07 03:31】 | 滝美梨香 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。