FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「お嬢様は白いのがトコトンお好き!?」鷹羽シン
「お嬢様は白いのがトコトンお好き!?」 鷹羽シン/フランス書美少女文庫

 正直「お嬢様は白いのがお好き!?」 の続きが出るとは思わなかった。
 前作で主人公とヒロインの出会いと関係性の構築、小さな衝突や身分違いに悩んだりという過程を経てお嬢様の家族にも認められたりして一応きちんと終わっていたから。
 どんな感じの続編だろうと思ったら、ダイレクトに続きとして書かれていた。別のヒロインを登場させて実質そちらがエロ担当にとかのパターンにはなっていない。前作が気に入った人であればまったく問題なく楽しめると思う。
 最初から相思相愛でリミットなく白濁液塗れの関係になっているので、前作以上にフルスロットルな感じになっている。それはそれで全然悪くないなのだけど、トーリーとしての起伏については前より落ちてしまっているようにも見える。すれ違いや誤解みたいなアクセントは入れているけれど、前とも重なっている。それもあってか新キャラとしては主人公のライバル的な位置づけの男も出てきたが、かませ犬。嫌味ながらもスペックは高くてヒロインを篭絡しそうになっていきヤキモキという感じはまるでない。それしても反発があるかもしれないし、やはり正解か。挿絵の鬼ノ仁が8ページにも渡って同人誌っぽく陵辱(妄想)漫画を描いているのが面白かった。
 どうせなら前から出ているクラスメイトの眼鏡娘とかを使えなかったかとも思うが、ありきたりか。

 ちょっと前作比較としてのマイナスはあるのだけど、学校内で恋人である旨を表明したり、最後にヒロインから改めて想いを告げたりと、前作を受けたからこそのいろんな見せ場はかなり良いと思う。それに前にも増しての濃厚エロ描写が大きくプラスになっている。
 風呂とかプールというのとはまた違った視点からの白濁液に漬かるプレイとか、バレンタインチョコを使ってのあれこれとか。
 これだけしてても、さりげなく節度とか凛とした姿とかを見せているヒロインも相変わらず魅力的だし。演劇でのお姫様姿とか、ライダースーツとか、制服姿以外も登場していて良い感じ。

 今回についてもけっこう美少女文庫で見受けられる孕みエンドとかの決定的な結末として締めてはいないので、書こうと思えばさらに続きも書けそうな感じはした。
 あるかなあ。あるといいなあ。


        

【2010/05/03 00:07】 | 鷹羽シン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「お嬢様は白いのがお好き!?」鷹羽シン
「お嬢様は白いのがお好き!?」 鷹羽シン/フランス書院美少女文庫

 とんでもないお嬢様と、同じ学校に通う以外ほとんど接点のない一庶民たる主人公がアクシデントで知り合ってというパターンのお話はマンガでも小説でも非常に多いが、本作の場合、タイトルの通りヒロインたるお嬢様が異常なザーメンフェチというのが、凄い特徴になっていると思う。経験はないが、いつか好きな人のもので全身白濁まみれにされたいと夢想して擬似的な粘液で戯れる最初のシーン辺りから読者を選ぶ事甚だしいが、食いついた人の期待を裏切らない作品になっている。

 ふとした事から主人公の本物に触れて衝撃を受け虜となり、以後多量に供給されたり、したりされたりという関係へと進んでいく。やっている事は別としてだんだんと行為だけの関係でなく、共に惹かれあって結ばれてと純愛系の展開になっているのは面白い。主人公が他のクラスメートと話をしているのにお嬢様が焼きもちを焼いたり、仲違いしている間に他の男のものではまったくダメなのを悟るところとかのエピソードも効果的に描かれている。最初から最後までお嬢様だけがヒロインで他のエロ担当とかいないというのは、ハーレム展開に行きがちな普通の純愛物よりもむしろこちらの方が純愛しているかもしれない。
 そもそも何でお嬢様にそんな性癖があるのかという理由付けとか、満足いくまで射精できる仕掛けとか、割合きちんと押さえているし、幾らなんでもと思う設定と内容を、違和感なく読ませ切ってしまうのは非凡だなと感じる。

 挿絵は鬼ノ仁が描いていて、かなり作品にマッチングしていると思う。一枚絵のイラストの他、コマ割したマンガとして描いているものも数ページあり、かなり力が入っている。

 本当に読者の嗜好で好悪が分かれそうな作品だけど、レベルが高い一作だと思う。
 余談ながら、愛撫として眼球舐めするシーンは小説では初めて見た。知らないだけで他にもあるのかもしれないが。


        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/03/15 22:03】 | 鷹羽シン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「相姦獣夜」その2 田沼淳一
「相姦獣夜」 田沼淳一/フランス書院文庫

 アンソロからの再録作品2本についても追記。


「嫉妬される母」
 再婚により父親を奪われたと感じた娘が義母と義弟を姦計にはめて性的に堕とすという内容。息子だと知らせず目隠しで関係を持たせて妊娠に追い込んだり、息子の方にも実母への思慕を強める手立てを踏んでいたりという流れがなんとも田沼淳一らしい。
 後で書かれた「淫姦」のプロトタイプ的な位置づけだろう。同様のパターンで今回の短編集の作品も今後何らかの形で長く読めるかもしれないと期待はできる。
 アンソロジー収録版と比べると、少年がより能動的になっている気がする。
 そしてラスト数行。これでアンソロジー版とはまったく違う作品に転じている。どちらが良いかは好みだけど、内容からすると元のほうが首尾一貫しているかもしれない。「嫉妬される母」から「淫姦」になったのだとすると、「淫姦」の展開をフィードバックしてラストが変わったと言えるかもしれない。


「若叔母・美保」
 憧れの叔母と再会して結ばれるという流れは「再会した従姉」に似てるかもしれないけど、真正面から甘く描いている。アンソロジーで読んだ時は本当に田沼作品なのか疑ったくらい異質だったが、今の作品傾向を反映してさらに甘々になっているような気がする。ずっと年上の叔母が何とも可愛い。
 仮面結婚とかはよく考えると酷いけど。
 アンソロジー版と細かく読み比べるといろいろと面白そうな気はする。 

 総じて相姦ではあってもあまり獣夜という感じではなかった。ヒロイン群はけっこう多彩で、基本的には1対1の関係で話は進むし、程度の差はあれ、どれも濃厚でエロく良い作品が揃っている。満足感は大きい作品集だった。
 ただ、これを読んで田沼淳一を気に入って長編に手を出したらちょっとびっくりするかもしれない。


          

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/06/23 01:45】 | 田沼淳一 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「相姦獣夜」その1 田沼淳一
「相姦獣夜」 田沼淳一/フランス書院文庫

 フランス書院文庫で長編でも連作でもない短編集というのは少し珍しい気がする。過去のアンソロジーに掲載されていたものから2編と書下ろし3編が収録。再録も手直しはされている。
 新作3編は、姉、妹、従姉がヒロインでここしばらくの田沼作品のテイストで非常にライトよりな雰囲気がある。


「こわれゆく姉」
 過去作で言えば「淫獣の群れ」の前半に近い。姉を快楽で堕としてという流れは似ているけど、テイストが面白いほど違う。
 特にコミカルに描いている訳ではないのに、外面はいいが弟に家事とか押し付ける姉弟の関係とか、薬で体の自由を奪われて、姉と姉の後輩達から性的な玩具にされてという冒頭シーンのおかげで、反撃が無理もないなあと感じて陵辱の雰囲気が薄い。何だかんだで姉の美しさは素直に賛美しているし、さっさと恋人関係になってしまうし。あとはエロゲとかエロ漫画を思わせる台詞回しが。
 姉に同じ目にあわせて自由を奪いつつあれこれしていく描写は田沼淳一らしくエロかった。脇の描写とか実に良い。充分濃厚だけどもっと丹念に描いた長いのが読みたくもなった。冒頭のシーンももつと長く描いてほしかったし、その後で主人公が復讐を誓いつつ後輩の中学生達と仲良くなったりとかの部分も読みたかった。
 どうでもいいけど、年齢設定、姉を女子大生くらいにしておいた方がぴったりと来たと思う。


「小悪魔な妹」
 妹に体の自由を奪われて玩具にされたものの、抜け出して反撃して逆にメロメロにしてといった流れで、「こわれゆく姉」と構造は似ている。兄に彼女がいたり、同級生が好意を示したりしているのに嫉妬している辺りの可愛さとか、体の凹凸がはっきりしている田沼作品には珍しいスレンダー体型などで、印象は違っている。妹に限らず年下というのが珍しいか。
 足コキされたり、足指を舐めさせられたり、とかフェチ行為もふんだんに入っていて、中学生の経験の無い妹にという部分とあわせて、好きな人には堪らないと思う。
 最後で妹に友達を紹介させてそちらもとか、妹と一緒にとか考えている辺りがやや外道かな。これももっと尺があると見れたと思うと惜しい気がする。


「再会した従姉」
 これは完全にエロコメディになっている。
 幼い頃から憧れていた年上のお姉さんとの再会、いっそう綺麗になっていたお姉さんは実は昔から自分の事を好きで……といった流れなら、そのまま事に及ぶだけでも充分読める一品になるのに、あえてそれだけで終わらせていない。多少ぶっ飛んだ従姉の言葉とか、もう一人今の主人公の彼女がやって来て対立関係作ったりとか、母親が実に良い味だしていたりとか。実に面白い。
 初めてのキスとか、コタツの中で隠れて口でとか、エロ自体は充分濃厚で両立させているのが凄い。エロマンガだとけっこうあるけれど。
 最後にいろいろあって三人でという関係を築いているが、これもそこに至るまでをじっくり読みたかった。従姉も良いのだけど、ツルペタな同級生ヒロインの方もけっこう可愛いので勿体無い。
 しかし、女の子に調教されるM気質でも、能動的に虜にする側でもなく、好意を向けられつつもおたおたして振り回される主人公というのは田沼作品の中ではかなり斬新かもしれない。ラブコメの主人公というか。


 改めてみると単にヒロインが違うだけでなくて差異はそれぞれあるのが興味深い。
 あと、今回の新作はどれも主人公が包茎なんだけど、何かこだわりだろうか。姉に馬鹿にされるのも、汚れているのを気にしていたら従姉に構わず口で咥えられてしまうのも、非常に良い描写だったけれど。


             

 
 

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/06/16 01:41】 | 田沼淳一 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「恋愛ごっこ」作者不詳
「恋愛ごっこ」 作者不詳/富士見ロマン文庫

 エロ小説とか官能小説というよりエロチカといった方が相応しい本。ヴィクトリア朝の英国で馬車だの蝋燭だのが使われている時代のお話なので。
 タイトルの「恋愛ごっこ」と「悦楽のうたげ」という中篇がふたつ収録されている。

「恋愛ごっこ」は寄宿舎の学生たる主人公が、友達に招待されて夏休みを過ごしに出かけて、友達ともども彼の幼馴染の姉妹と親しくなろうとする話。二人の娘に続いて別の少女が現れ、後半では彼女をターゲットとして話が進む。
 日本の直接描写に溢れたものに慣れていると、やんわりと比喩を交えて行為を描くのがなかなかに珍しい。それでいてちゃんと官能を刺激するようになっている。アメリカとかのコックだのファックだのと単語が飛び交う翻訳ものよりよほどエロい気がする。好みの問題だとは思う。

「悦楽のうたげ」は、ロンドン郊外に屋敷を構えた悠々自適の紳士がいろんな少女やらレディやらを相手にする日々を描いた作品。書簡小説の形を取って短編連作みたいになっている。この形式のためか出来事や会話は描いていても、行為についてはさらりとしている。冒頭での十二歳と十三歳の少女を相手にしているのがいちばん事細かに描いているかもしれないのが、何とも言えない。
 全体的には薄いといえば薄いがこれはこれで面白く読める。
 ただ、読もうと思ってもなかなか古本屋とかでも見つけるのは難しいかもしれない。

        
 
【2009/03/17 02:07】 | 作者不詳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。