FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「青獣の美餌(えさ)」宮坂景斗
「青獣の美餌(えさ)」 宮坂景斗/フランス書院文庫

 新人の作品だが、いろいろと凄い作品だった。
 男子小学生が主人公というのがまずインパクトがあった。副題が「友達の母を、担任女教師を」とある通り、メインヒロインが同級生の母親、そしてサブ的なヒロインが担任教師という組合せ。例えば月野定規とかマンガであればそういったキャラでの話も見かけるし、同じフランス書院でも美少女文庫であればあるかもしれないが、黒本の方でこういうの出すんだと驚かされた。
 で、読んでみると確かにフランス書院文庫で出るべき内容であり、エロさだと納得させられるのが凄かった。
 年上の女性に可愛がられる、弄ばれる誘惑系でなく、小学生の主人公が大人の女性を虜にしてしまうというある種ファンタジーな内容をきちんと読ませてしまう力量と、小学生と大人の女性という組合せだから生み出せるシチュエーションでのエロ描写もきっちりとしていた。

 天使のような外観で悪魔的な内面とかいう少年が主人公だと、自然と陵辱モノに行きそうだけど、やや強引にしつつも、手練手管で心を篭絡してしまい従わせていくという流れ。この辺りは無邪気な残酷さとか期待するとやや中途半端と感じるかもしれないが、甘々になりきらないラインで巧みに舵を切っているように感じた。

 大絶賛でまったく欠点が無いかというと、ちょっと気になる部分もないではない。
 正直、小学生と思えない思考とか言動とっているのが引っ掛からないでもない。かといって小学生としての喋り方とか徹底されてもちょっと困るし、難しいところではある。
 ヒロインを求める理由付けとして、母性の渇望的なものを持ってくるのはいいのだけれど、女教師も交えて疑似家族の関係を作る辺りがちょっと着地点としては少し疑問を感じた。ヒロインが未亡人とか夫とうまくいっていない設定ならわかるのだけど、夫と子供に愛情を持ってい円満な家庭があるのにと。やや月並みだけど、普通にハーレムエンドでまとめるだけでも良かったかもしれない。

 あとは好みの問題だとは思うが、メインヒロインの人妻よりも、既に主人公に従っている女教師の方がキャラが立っていて魅力的に感じた。女王然として複数の男性を従わせていた立場から、一夜にして教え子の虜になる展開とか簡単に述懐されているけど、まるまる一冊読みたいと思った。
 会話とか女教師の回想の中でちらりと出てくる、告白されて主人公が関係をもった中等部の上級生との話とか、何人も確保しているという最上級の女性陣との乱交も、なまじ事実のみ提示しているからかもしれないけれど、読みたいと感じさせる。きちんとキャラが立っているからだろう。
 
 冷静に見ると無茶な設定ながら、全般として読ませてしまうし、何よりエロくて、新人離れした力量を感じたので、次回作はどんなものを書くのか大きく期待。

        

【2010/08/10 21:59】 | 宮坂景斗 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「美少女 放課後の秘蜜」龍駕昇
「美少女 放課後の秘蜜」 龍駕昇/グリーンドア文庫

 同じグリーンドア文庫の睦月影郎「美少女 恥じらう果実」と人物配置とか話の展開とかが似通っている印象があったので、試しに読み比べてみた。
 主人公が新米の男性教師でこれまで女性経験がなかったり、女生徒の一人に弱みを握られたり、むしろそれを契機に関係を結んだり、もう一人さらに年下の生徒が出てきたり、その二人の少女が少し百合な関係になったりとか、共通点は幾つもあるので混同しやすいはしやすいが、話とかはけっこう違っていて驚いた。
 特に龍駕作品の主人公は無垢で清らかな少女嗜好で、睦月作品の主人公はストライクゾーンが広いというあたりの違いが、話の展開にかなり違いをもたらしていく。

 ふと中学生を相手にできるデートクラブの存在を知って、少女達との体験をしてしまう序盤。けっこうページ数を費やして初体験から、二人の少女との教師プレイとか描いている。年下の経験豊富な少女に筆おろしされて翻弄されるみたいなシチュが好きであれば、かなり良い部分かと思う。
 それを生徒に知られてしまう事で結果としてより好みにあう少女を得られるが、それで欲望を抑えられず、別の教え子に理想の体現を見てしまっているのが多分不幸なのだろう。社会的地位とか何もかも失っても構わないと思ってはいるが。
 最終目標が最初の方で提示されていて、目標到達に向かう話の流れになっていて、ある意味放埓でとりとめが無い睦月作品よりストーリーとしては明快だと思う。

 わりあい抵抗無く三人で楽しんでしまう睦月作品と比べて、嫉妬の念で後輩と主人公を支配下に置こうとする少女の動きとかが面白い。最後まで関係を制限されていた為に、むしろそれが皮肉な方向に進んでしまう辺りも。

 高校生くらいが主人公の事が多い龍駕昇の本としては、中学校教師が主人公だったり、ヒロインが全部年下というのは珍しい。
 
 「美少女 放課後の秘蜜」と「美少女 恥じらう果実」でどちらが良いかというのは文体とか含めての好みの問題だと思う。少女への拘りとかを重視すれば龍駕作品、フェチ描写に関しては睦月作品にはなるだろうか。どちらにしても作者の他作品と比べてもレベルが高い部類となる作品だと感じる。読んで損は無いと思う。
 古本屋とかだとグリーンドア文庫として読もうと思うと入手は難しいかもしれないが、最近はネットで比較的容易に入手できるのがありがたい。龍駕昇作品だと本にこだわらなければ電子書籍として読めるし。

        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/03/22 23:43】 | 龍駕昇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「美少女 恥じらう果実」睦月影郎
「美少女 恥じらう果実」 睦月影郎/グリーンドア文庫

 同じグリーンドア文庫の龍駕昇「美少女 放課後の秘蜜」と人物配置とか話の展開とかが似通っている印象があったので、試しに読み比べてみた。
 主人公が新米の男性教師でこれまで女性経験がなかったり、女生徒の一人に弱みを握られたり、むしろそれを契機に関係を結んだり、もう一人さらに年下の生徒が出てきたり、その二人の少女が少し百合な関係になったりとか、共通点は幾つもあるので混同しやすいはしやすいが、話とかはけっこう違っていて驚いた。
 特に睦月作品の主人公のストライクゾーンの広さと、龍駕作品の主人公の無垢で清らかな少女嗜好との違いが、話の展開にかなり違いをもたらしていく。

 文芸部の顧問になって中等部の生徒と親しくなり、ふとした切っ掛けから彼女と関係を持ってしまう。龍駕作品の主人公なら最終目標になる無垢な少女と最初にあっさりと結ばれる辺りが実に対照的だと思う。文芸部にはもう一人担任しているクラスの生徒でもある高等部の少女がいて、むしろ彼女の方に強く惹かれているのも違いになっている。彼女への欲望の充足としてロッカーの体操服とかの匂いを楽しんだりするフェチ的行動に進むあたりも違うというか、実に睦月作品の主人公らしい。
 挙句その行為がばれて、普通なら社会的地位を抹殺されるところを主人公を言いなりにして性的な関心を向けていくが、そのあたりむしろ主人公として喜ばしい方向で、実に嬉しそうに描写されている。ただ、彼女は後半まで手付かずのままで、それまで最初の少女が相手をしたり、先輩である女教師に誘われて彼女とも関係を持ったりする。
 年上で巨乳の女教師なんかだと、龍駕作品の方だとそっけなく断って終了だが、こちらだと主人公はたなボタを喜んでいるし、年下の少女だと出来ない事もしている。一回だけでなく何度も登場しているし。

 そうした前置きの後で結ばれるが、龍駕作品の少女とは違い、別にそれでヒロインが独占欲を剥き出しにする事もなく、最後にはどういう経緯があったのか、後輩ともども三人で楽しもうと自分から誘ってくる。そのままハーレムエンド的な終わりのない終わりで幕を閉じる。

 中学生や高校生くらいが主人公の事がわりあい多い睦月影郎の本としては、高校教師が主人公だったりするのは珍しい。それでも構わず教え子の少女が年上のお姉さんであるように振舞うあたりはやっぱり睦月作品だなとも思わせる。
 「美少女 恥じらう果実」と「美少女 放課後の秘蜜」でどちらが良いかというのは文体とか含めての好みの問題だと思う。フェチ描写に関しては睦月作品、少女への拘りとかを重視すれば龍駕作品にはなるだろうか。どちらにしても作者の他作品と比べてもレベルが高い部類の作品だと感じる。読んで損は無いと思う。
 古本屋とかだとグリーンドア文庫を見つけるのは難しいかもしれないが、最近はネットで比較的容易に入手できるのがありがたい。

        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/03/22 23:39】 | 睦月影郎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Myドル」わかつきひかる
「Myドル」 わかつきひかる/フランス書院美少女文庫

 タイトルで「My○○」というパターンを重ねているのが、ネーミングが少し安易なような気がする。作者本人ではなく編集部でタイトルなどは決めているそうだが。でも、「My姉」「My姫」など、ヒロインがどういう存在なのか一目瞭然なのはある意味親切か。このパターンだと他にも「My家庭教師」、「My下級生」、「My幼馴染」とかいろいろ作れるから、まだ続きそうな気がする。

 今回は芸能プロダクションに勤める姉のマンションで、ロリ顔巨乳のヒロインと同居してという設定のお話。歌や演技で人々を魅了するスーパースターではなく、クイズ番組とかでバカをやってしまい笑いを取るというヒロイン。しかし実際には見かけと違い頭の回転も良いし料理の腕もそこそこある。テレビでは演技でなくあがってしまうととんでもない返答をしてしまうだけで、本人としてはギャップに悩んでいてという背景があって、主人公と仲良くなって悩みが解決していくといったベタと言えばベタな流れ。

 あまりこれまでの作品と劇的な変化は無い。処女のヒロインと主人公が初体験をして、後ろも捧げられ、ヒロインのMっけが出てきて主人公がやんわりと責めてという流れは踏襲している。かわり映えしないとも言えるけど、単体としては問題ないし、安定しているといえば非常に安定している。
 そういう関係に到るのが随分と早すぎるなあとか思わなくもないが、同居生活が一週間足らずなので自然と駆け足になっている。
 ほとんど主人公とヒロインだけで話が進んでいく。主人公の姉は、あまり絡んではこない。何だかんだで3Pに行ったりするとか、悩むヒロインを性的な意味で慰めるとかあっても良かったと思う。ちょっと残念。
 
 ヒロインは一人で純愛路線で、それでいてやる事はしっかりやっているという話が読みたいという向きには良いと思う。甘々だけど薄いエロではなく、デート中で下着を外してイヤリングつけさせてとか、感じておもらしとか、けっこういろいろとやっている。
 変に捻ったりはしていないで、きっちりとまとめて後味良くしているのも好感が持てる。

        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/01/24 11:51】 | わかつきひかる | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「女教師母娘」本藤悠
「女教師母娘」 本藤悠/フランス書院文庫


 主人公に好きな人がいるが踏み出せずにいて、他の女性と結ばれて自信をつけてといったストーリーは定番モノの1つとしてマンガや小説でいろいろと存在している。本命との初体験を失敗してとか、そこまでいかずいちど失恋してとか導入部でもバリエーションがいろいろあるし、最後も本命を射止めたり、ハーレム展開になったり、本命はすっぱり諦めて初体験の相手と恋人になったりと、定番だけにいろいろ多彩になっているように思う。
 本書もその系譜に入るが、高校生の主人公が憧れているのは女教師で、手助けをして童貞を奪ってくれるのも別の学校だが女教師という組合せで、結構珍しいと思う。さらにその二人が義理のではあるけど母娘の関係というのは、他に無いんじゃないだろうか。それだけでも独自性出ているけど、さらに母親が娘との仲を取り持つのでなくて、娘が母親とうまくいくように少年に協力する展開というのもまた珍しい部類だろう。

 母娘とはいっても子連れの男性と結婚したから子供がいるだけで、年の差は姉妹程度。母親が31歳で娘が22歳。結ばれる前に死別してしまい、ヒロインたる母親は処女のままというのがポイントだろう。巽飛呂彦の「処女未亡人」なんかは似ているけど教師物ではないな。
 一人身のままなのを心配した娘が主人公と母親の仲を深めようとしてあれこれして、結果としては三人の思惑が合致するのだけど、処女を捧げるにあたって主人公が童貞だと心配なのでと、先に娘に筆おろしを頼むというのが、よくよく考えるととんでもない流れなのだけど読んでいて違和感はなかった。

 口でとか本番でとかの表現はかなり濃厚。どちらかというとエロ漫画寄りだなあという淫語喋りだったりはするけれど、勢いもあるし描くべきところはきっちり描かれている。新人だからなあという部分と新人なのにという部分が両方ある感じ。レベルは高い。
 少年に教えながらも、娘の方も本気になってしまう展開だけど、修羅場になったりはせず二人とも一緒にという方向へ向かう。あまり人数が多いとハーレム描写でも順番に回数こなすだけだったり、絵で見ると凄いのだろうけど文章だとどうなっているのかわかりにくかったりもするけど、1対2という事でわかりやすいし丹念な描写になっている。二人の行為の書き分けとかが巧み。行為だけでなくて、経験した二人の肉体や感じ方の違いを主人公が思うシーンとかでも差別化されていて実に良い。
 シチュ的にも学校の中でという教師物ならではの舞台をしっちりと活かしていて言う事が無い。

 本当に新人の作品と意識しなかったとしても、かなり満足がいく出来だった。次にどんなものを描くのか楽しみ。似た傾向のものでいっても良いし、がらりと変わってたのも興味ある。フランス書院文庫だけでなく美少女文庫の方でも書けそうに思える。

        


 

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2008/10/28 03:13】 | 本藤悠 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。