FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ぴゅあえろ」ZUKI樹
「ぴゅあえろ」 ZUKI樹/双葉社

 「巫女の純情」が良かったので、購入。
 冒頭からの四回連載の「白い恋人たち」と短編4本が収録。「白い恋人たち」がなかなか。留学生として日本の大学にいる姉の元へ訊ねてきた妹が、日本人の恋人といちゃいちゃしているのにむくれていたものの、最終的に姉に導かれつつ姉妹丼になるといった一話。もともとは続き物を意図せずにここで終わっていたのだろうけど、自分も姉の恋人にご執心となって再来日して、さらに男の実姉が出てきたりと、明るくまとまっている。ブロンドでスタイルの白人娘というのもなかなか良いが、なんでわざわざフィンランドにしたのだろう。単純にアメリカとかでも良さそうなものだけど。
 恋人(姉)をそっちのけで妹とスクール水着だの体育着などのコスチュームプレイに興じたりした描写はあるけれど、実際にはスクール水着しかなくて少し残念。姉の方はセーラー服着たけど、あまり制服っぽく見えなかった。他にも姉が後ろまで捧げてしまったとかいうのも、作中で起こった出来事なのに描写なしだったり、コミックスのおまけとしてでも欲しかった。
 行為自体はけっこう濃密だと思う。姉と妹を見比べるシーンとか良いと思う。

 短編もたった四本ながら多彩。遊郭に売られた娘の話なんかかなり異色だった。姉と慕っていた娘との絡みと、最後の変化などうまくまとめていると思う。
 他、寄った勢いで後輩と関係を持ってしまったOLのドタバタを描いた「おぼえてナイ!!」などが楽しかった。酔った勢いでまったく記憶がないというのを巧く料理している。おまけ漫画がまた秀逸だった。

        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2008/12/29 10:03】 | ZUKI樹 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。