FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「お嬢様は白いのがお好き!?」鷹羽シン
「お嬢様は白いのがお好き!?」 鷹羽シン/フランス書院美少女文庫

 とんでもないお嬢様と、同じ学校に通う以外ほとんど接点のない一庶民たる主人公がアクシデントで知り合ってというパターンのお話はマンガでも小説でも非常に多いが、本作の場合、タイトルの通りヒロインたるお嬢様が異常なザーメンフェチというのが、凄い特徴になっていると思う。経験はないが、いつか好きな人のもので全身白濁まみれにされたいと夢想して擬似的な粘液で戯れる最初のシーン辺りから読者を選ぶ事甚だしいが、食いついた人の期待を裏切らない作品になっている。

 ふとした事から主人公の本物に触れて衝撃を受け虜となり、以後多量に供給されたり、したりされたりという関係へと進んでいく。やっている事は別としてだんだんと行為だけの関係でなく、共に惹かれあって結ばれてと純愛系の展開になっているのは面白い。主人公が他のクラスメートと話をしているのにお嬢様が焼きもちを焼いたり、仲違いしている間に他の男のものではまったくダメなのを悟るところとかのエピソードも効果的に描かれている。最初から最後までお嬢様だけがヒロインで他のエロ担当とかいないというのは、ハーレム展開に行きがちな普通の純愛物よりもむしろこちらの方が純愛しているかもしれない。
 そもそも何でお嬢様にそんな性癖があるのかという理由付けとか、満足いくまで射精できる仕掛けとか、割合きちんと押さえているし、幾らなんでもと思う設定と内容を、違和感なく読ませ切ってしまうのは非凡だなと感じる。

 挿絵は鬼ノ仁が描いていて、かなり作品にマッチングしていると思う。一枚絵のイラストの他、コマ割したマンガとして描いているものも数ページあり、かなり力が入っている。

 本当に読者の嗜好で好悪が分かれそうな作品だけど、レベルが高い一作だと思う。
 余談ながら、愛撫として眼球舐めするシーンは小説では初めて見た。知らないだけで他にもあるのかもしれないが。


        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/03/15 22:03】 | 鷹羽シン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「それは歴史にカかないでっ!」高津 | ホーム | 「奴隷なカノジョ」仁科一樹>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sini0.blog95.fc2.com/tb.php/120-21951872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。