FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「お嬢様は白いのがトコトンお好き!?」鷹羽シン
「お嬢様は白いのがトコトンお好き!?」 鷹羽シン/フランス書美少女文庫

 正直「お嬢様は白いのがお好き!?」 の続きが出るとは思わなかった。
 前作で主人公とヒロインの出会いと関係性の構築、小さな衝突や身分違いに悩んだりという過程を経てお嬢様の家族にも認められたりして一応きちんと終わっていたから。
 どんな感じの続編だろうと思ったら、ダイレクトに続きとして書かれていた。別のヒロインを登場させて実質そちらがエロ担当にとかのパターンにはなっていない。前作が気に入った人であればまったく問題なく楽しめると思う。
 最初から相思相愛でリミットなく白濁液塗れの関係になっているので、前作以上にフルスロットルな感じになっている。それはそれで全然悪くないなのだけど、トーリーとしての起伏については前より落ちてしまっているようにも見える。すれ違いや誤解みたいなアクセントは入れているけれど、前とも重なっている。それもあってか新キャラとしては主人公のライバル的な位置づけの男も出てきたが、かませ犬。嫌味ながらもスペックは高くてヒロインを篭絡しそうになっていきヤキモキという感じはまるでない。それしても反発があるかもしれないし、やはり正解か。挿絵の鬼ノ仁が8ページにも渡って同人誌っぽく陵辱(妄想)漫画を描いているのが面白かった。
 どうせなら前から出ているクラスメイトの眼鏡娘とかを使えなかったかとも思うが、ありきたりか。

 ちょっと前作比較としてのマイナスはあるのだけど、学校内で恋人である旨を表明したり、最後にヒロインから改めて想いを告げたりと、前作を受けたからこそのいろんな見せ場はかなり良いと思う。それに前にも増しての濃厚エロ描写が大きくプラスになっている。
 風呂とかプールというのとはまた違った視点からの白濁液に漬かるプレイとか、バレンタインチョコを使ってのあれこれとか。
 これだけしてても、さりげなく節度とか凛とした姿とかを見せているヒロインも相変わらず魅力的だし。演劇でのお姫様姿とか、ライダースーツとか、制服姿以外も登場していて良い感じ。

 今回についてもけっこう美少女文庫で見受けられる孕みエンドとかの決定的な結末として締めてはいないので、書こうと思えばさらに続きも書けそうな感じはした。
 あるかなあ。あるといいなあ。


        

【2010/05/03 00:07】 | 鷹羽シン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「一途なトリコ」春城秋介 | ホーム | 「Japanese Preteen Suite」東山翔>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sini0.blog95.fc2.com/tb.php/124-264bb444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。