FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「隣りのベランダ 僕のおばさま・僕の美姉妹」神瀬知巳
「隣りのベランダ 僕のおばさま・僕の美姉妹」 神瀬知巳/フランス書院文庫

 高校1年生の少年と大人の女性(離婚歴あり)という組合せだと従来の神瀬知巳っぽいけど、さらにその娘の女子大生と少年の同級生がヒロインという新境地になっている。そもそもが最初のほうは高校生の次女視点から展開されているのが珍しい。すぐに母親の話に移ってしまうが。

 タイトルからすると肉親関係あるようにも取れるけど、隣家の家族がお相手。母親と娘二人。
 こういうヒロイン構成だと、優しく包容性のある美女である母親、奔放で小悪魔的なお姉さんの長女、素直になれず密かに母親や姉にコンプレックスを持っている次女とか、ある程度のパターンというか様式美がある。(巽飛呂彦の「隣りの果実 熟未亡人と娘姉妹」とか)今回の本もまさにそれだが、変に捻っておかしくするよりは良いだろうし、正面きって見事に書ききっているので嬉しい。

 話が始まった時点で、最後までは至らないものの母親と継続的に性的な関係を持っていてやがて初体験を迎えて、前後して長女とも親密度が上がり彼女とも関係を持ってしまう。母親からも姉からも少年への恋心を知られつつも初キスも童貞も盗られてしまう次女が不憫な気はする。次女視点だと幼馴染で片思いの少年の寝取られである。
 通しでみると、母親と少年の話がいちばん力入っているように思える。娘と同じ年の、そして娘が思いを寄せている少年と関係を持つことに葛藤しつつも、少年の思いや快楽に流されてしまうといった流れが何とも神瀬知巳っだなあと感じる。二人の娘も充分すぎるほどではあるのだけど。
 最終的には関係の破綻など無く、予定調和的にハーレム化で締め。三人並んで四つんばいで下半身を突き出して視線にさらす姿とったり。
 個人的には意外と次女が良かった。少年の使ったタオルを使って朝から自慰行為に耽っていた所を当人に見られてしまうというそもそもの始まりと、その見られた事を思い出して何度もしてしまうところとか良く考えるとかなりエロい。姉の仲立ちなどもあって少年と結ばれてからも、部活動後で汚れた生殖器やお尻の穴を舐めて貰っているという行為自体に悦びを感じちゃうフェチっぽいところ見せたりもするし。

 母親と初体験を迎える辺りまでが公式サイトでWeb連載していたそうだが、あえて読まないでいて良かった。これは没頭して読むのが正解だと思った。
 今までの神瀬作品を、主人公より一回り以上も年の離れた年上はどうもと敬遠した向きには、今回の本は良いと思う。
 他の要素として、傍に家族がいる状態するでいやらしい行為、アナルセックス、徹底した中出し、姉妹同士の(正確には姉から妹への)愛撫・キス、女性からの孕ませて欲しい願望など。

             

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2008/05/25 16:06】 | 神瀬知巳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「筆おろしちゃいました」中田モデム | ホーム | 「思春期は発情期」甚六>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sini0.blog95.fc2.com/tb.php/13-e3cfb864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。