FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「最高の未亡人と最高の娘姉妹」秋月耕太
「最高の未亡人と最高の娘姉妹」 秋月耕太/フランス書院文庫

 タイトルの通り、主人公が若々しい未亡人とその娘である姉妹の三人を相手にするハーレムもの。
 父親の仕事の関係で叔母の家に同居するという設定で、初対面からではなく、もともと叔母や従姉妹とは親しい間柄からスタートしている。
 似たような作品はフランス書院文庫だけで考えても数多くあるけれど、アクセントとして主人公に軽くマゾ気質の属性を加えたりして、なかなか個性を出していると感じられた。

 主人公のマゾ性を自覚させるのが、最初のヒロインとなる高飛車な性格の従姉。いきなりペット扱いされて、足指舐めをさせらて足で射精させられたり、目の前で自慰するのを観察されたりといった行為に、主人公は別に反発もなくマゾ性を刺激されて喜んでしまう。足指舐めでの描写とかなかなか良かった。ただし、そのままマゾ奴隷と女王様で終始して主人公の方がアナル開発されるといった方向には進んでいない。そもそも従姉は、上に立って主人公を弄びつつも自身は経験が無いし、最初から好意を滲ませてもいるし。
 続く叔母や従妹とは少しスタンスを変えるので、あくまでヒロインやプレイのバリエーションとしての描き方かと思う。終盤でも、楚々とした優等生の従妹が頑張って罵倒するのにゾクゾクしたり、足コキや騎乗位されるのに喜んだりと、最初だけの設定で置き去りにされてはいないのも確かだけど。

 叔母とのプレイは、年上からの筆おろし描写が好きならば満足いくと思う。ところどころフェテッイシュな描写を挟みつつも直球な描き方をしている。最初は手ほどきを受けている立場なのに、急速に性的な方面で天性の素質を開花させていき、圧倒してしまうというのも王道展開と感じる。

 三人もいるとメイン以外は割を食うが、最後の従妹もなかなか頑張っている。最初の主人公を想いつつの自慰描写と、体操服姿で告白してそのまま初体験な展開とか、健気だし存在感を出している。
 むしろ、最初にヒロイン風に登場して実際にいちばん主人公の関心を引いていたのに、中盤パートで登場がなく最後まで結ばれない従姉がいちばん割を食っているかもしれない。

 最後にハーレム展開になりつつも、叔母と従姉妹、それぞれと関係を持っているという回想でのシチュエーションがかなりエロかった。S気質のお嬢様と思わせていて、実はMっ気もありそうだと暗示させていてそのまま終わりというのが勿体ないなと感じた。従妹と学校の中でというシチュエーションも、もっとじっくり読みたかった。満足しつつも、続編的なものを書いて欲しいという読後感だった。
 
        

【2011/11/01 02:22】 | 秋月耕太 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「初愛」田中ユタカ | ホーム | 「Loveパニック」カタセミナミ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sini0.blog95.fc2.com/tb.php/138-4be80a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。