FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「甘く危険な休日―僕のママ・友だちの熟母」神瀬知巳
「甘く危険な休日―僕のママ・友だちの熟母」 神瀬知巳/フランス書院文庫

 初読の時に、良かったのだけど何か今ひとつかなあという漠然とした感想をもった記憶があるが、改めて読み直してみると他作品と比べてもそうそうひけを取っていない無いようだった。なんでそんな今ひとつ感が残ったのか不思議なほどだった。
 前作が相当に濃密な「独身叔母と人妻と高校生」だったから、相対的に少々物足りなさを感じたのかもしれない。それと、この本だけ他の作品と比べても少し特異な部分があって、それが読み手によってはマイナス、あるいはプラスの修正は加わるような気はする。

 神瀬作品らしく、主人公の少年に対して年上のヒロインを複数という形を取っていて、途中で主人公はそれぞれのヒロインに夢中になるも、その関係性にヒロイン側が悩んだり身を引こうとしつつも、いつしか愛情と快楽の虜になって離れられず、最後は皆で幸せにという流れからは外れていない。
 ただ、他作品だと世間体とか自分の心の折り合いを何とかすれば、比較的まるく収まりやすいのに対して、本作だと大きな障壁が設定してある。 最初に出てくるヒロインは離婚してはいるものの主人公と同じ年の子供がいて、子供は主人公とは友達。逆の言い方をすれば、友達の母親。もうひとりのヒロインは義母で、主人公の父親は健在。
 障壁というより背徳感を醸し出す為の仕掛けだと思うし、それが効果を出してもいるのだけど、形の上で寝取り展開な訳で、留守がちであり家庭をあまり顧みないらしい父親はともかく、子供の頃からの友達の存在とかどうするのかと、そこが少しもやもやするものがある。話自体はあくまで甘々な話なので逆に引っかかってくる。父親は実際には出てこないし、とっとと友達を全寮制の学校に入学させてしまっているし、その辺を考慮してはいるのかなとも感じる。
 友達と電話していて、向こうが見栄を張って嘘彼女の話をしている時に、その母親は傍で主人公に奉仕しているとか、逆に平静を装って母親が息子と話している時に、触れたり貫いたりしているなんてシーンがあったり、すっかりめろめろになってしまった義母に、父親と比べてどうかを言わせる行為が出てきたりするが、これは寝取り・寝取られものでは良く出てくるシチュエーションだと思う。相当にエロいのだけど。

 いつものパターンだと、少年が義母に恋情を抱いているところを、友達の母親に誘惑されて経験を積んだ挙句、後押しされてという流れになるのだろうが、本作の場合、もともと昔から憧れていたのは友達の母親の方で、後から現れた若い義母にも恋慕を抱いてしまい、先に結ばれるのも義母という定石外しとなっている。そのせいか、単体で見ると義母も魅力的だし、初めてのシーンで避妊具が無いので後ろを捧げるくだりとか凄くエロいと思うのだけど、もう一人のヒロインと比べると何だか陰が薄い印象がある。早くに成就してしまったのがいけないのか、おとなしめというか楚々として不幸な女という感じなの存在感を弱くしてしまうのか。
 離婚した実母の姿を目撃して慰められるエピソードとかは、義母の方に付加した方がバランスは取れたような気もする。

 後半からのエロ濃度は他と比べても相当なものだと思う。
 主人公を目隠しして手をベッドに縛ってのプレイとか、どういう流れから出てきたのだろう。そこからの入れ替わりのシチュとかも非常にエロい。
 最後の辺りではテニス場のコートを貸し切りにしたとはいえ、白昼の野外でのプレイという事までやっている。あげく二人を並べて四つんばいにしてというプレイまで。
 後ろを弄ってとかは他でもあるが、脇の下へ顔をうずめて匂いをかいでというのを何度か繰り返していたのはちょっと珍しい気がする。櫻木充とかを彷彿とさせる。いろいろ同じ事だけでなく新しい事にトライしているのかなと思う。

 エンディングで甘々ハーレム状態になるのはお約束だし、三人とも納得しているのは構わないのだが、そうなると禁忌的な要素が少し足をひっはるのは否めないと思う。親友の母親には子供が出来たし、義母も孕ませて欲しいとか言っている辺りとか、どうするのだろうと思わなくもない。そこまで気にしなくても良いのだろうけど。
 トータルとしてはやっぱり、相当に濃い。なんで物足りなさを感じたのかますます不思議に思えてくる。
 
        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/01/21 23:10】 | 神瀬知巳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「Myドル」わかつきひかる | ホーム | 「お姉ちゃんのお願い」糸杉柾宏>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sini0.blog95.fc2.com/tb.php/85-8b6df8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。