FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「美少女 恥じらう果実」睦月影郎
「美少女 恥じらう果実」 睦月影郎/グリーンドア文庫

 同じグリーンドア文庫の龍駕昇「美少女 放課後の秘蜜」と人物配置とか話の展開とかが似通っている印象があったので、試しに読み比べてみた。
 主人公が新米の男性教師でこれまで女性経験がなかったり、女生徒の一人に弱みを握られたり、むしろそれを契機に関係を結んだり、もう一人さらに年下の生徒が出てきたり、その二人の少女が少し百合な関係になったりとか、共通点は幾つもあるので混同しやすいはしやすいが、話とかはけっこう違っていて驚いた。
 特に睦月作品の主人公のストライクゾーンの広さと、龍駕作品の主人公の無垢で清らかな少女嗜好との違いが、話の展開にかなり違いをもたらしていく。

 文芸部の顧問になって中等部の生徒と親しくなり、ふとした切っ掛けから彼女と関係を持ってしまう。龍駕作品の主人公なら最終目標になる無垢な少女と最初にあっさりと結ばれる辺りが実に対照的だと思う。文芸部にはもう一人担任しているクラスの生徒でもある高等部の少女がいて、むしろ彼女の方に強く惹かれているのも違いになっている。彼女への欲望の充足としてロッカーの体操服とかの匂いを楽しんだりするフェチ的行動に進むあたりも違うというか、実に睦月作品の主人公らしい。
 挙句その行為がばれて、普通なら社会的地位を抹殺されるところを主人公を言いなりにして性的な関心を向けていくが、そのあたりむしろ主人公として喜ばしい方向で、実に嬉しそうに描写されている。ただ、彼女は後半まで手付かずのままで、それまで最初の少女が相手をしたり、先輩である女教師に誘われて彼女とも関係を持ったりする。
 年上で巨乳の女教師なんかだと、龍駕作品の方だとそっけなく断って終了だが、こちらだと主人公はたなボタを喜んでいるし、年下の少女だと出来ない事もしている。一回だけでなく何度も登場しているし。

 そうした前置きの後で結ばれるが、龍駕作品の少女とは違い、別にそれでヒロインが独占欲を剥き出しにする事もなく、最後にはどういう経緯があったのか、後輩ともども三人で楽しもうと自分から誘ってくる。そのままハーレムエンド的な終わりのない終わりで幕を閉じる。

 中学生や高校生くらいが主人公の事がわりあい多い睦月影郎の本としては、高校教師が主人公だったりするのは珍しい。それでも構わず教え子の少女が年上のお姉さんであるように振舞うあたりはやっぱり睦月作品だなとも思わせる。
 「美少女 恥じらう果実」と「美少女 放課後の秘蜜」でどちらが良いかというのは文体とか含めての好みの問題だと思う。フェチ描写に関しては睦月作品、少女への拘りとかを重視すれば龍駕作品にはなるだろうか。どちらにしても作者の他作品と比べてもレベルが高い部類の作品だと感じる。読んで損は無いと思う。
 古本屋とかだとグリーンドア文庫を見つけるのは難しいかもしれないが、最近はネットで比較的容易に入手できるのがありがたい。

        

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2009/03/22 23:39】 | 睦月影郎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「美少女 放課後の秘蜜」龍駕昇 | ホーム | 「恋愛ごっこ」作者不詳>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sini0.blog95.fc2.com/tb.php/94-91ea18dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。