FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ピンクトラッシュ」けろりん
「ピンクトラッシュ」 けろりん/エンジェル出版

 このコミックスで初めて知って読んだが、かなり嗜好に合って慌てて既刊を探したりした。
 まだまだ知らない漫画家や作品は多いなと思った。嬉しい事だが。

 表題作になっている「ピンクトラッシュ」と少し変化球的な続編、「愛だ恋だのいってないで」とそれとつながる短編群、他にもいくつかと11本の収録作品。数の多さは散漫さより多彩といった良い印象を受ける。
 幾つかの短編が、それぞれ独立しつつも同窓会という場でリンクさせて登場人物の関係性持たせているのは面白いと思った。

 どれも良いが、片思いしつつも想い人に声も掛けられない消極的で目立たない主人公男が、女性三人組と同時に関係を持つ「愛だ恋だのいってないで」からの三編が非常にエロかった。四人でくんぐほぐれつというただでさえ描くの難しそうなシチュエーションなのに、さらに狭い場所での行為というのにこだわっていて難易度を上げている。ミニバンの中で弄ばれつつ童貞喪失から始まって、ユニットバス、飲み屋のトイレと進んでいく。なんだかんだで良い関係を構築するあたりも後味が良い。

 収録作品中かなり古い、「タッチ&チェンジ」もなかなか良かった。目立たずほとんど声を出さない少女と親しくなりという出だしから、何かきっかけがあって関係を結ぶお話ではなく、いきなり二ヵ月後に跳んで、昼休みに学校内で口でさせているシーンになっているのが、妙な興奮を誘う。恋人同士になっているし、エロマンガなのだけど、何故か「汚された感」がが沸いてしまったのが面白かった。

 他にも、同窓会で好きだった女の子が他の男と去ってしまい、それを慰めるかつての担任の女教師と関係を持つ話、エロ漫画家になった女の子とのお話、ファンタジーとかもあり、それぞれ良品だと思う。

 一応成年マーク付で、消しは微小なのだけど、もともと女性器をごりごりと描くタイプの作風ではないようで、恩恵を蒙っているのは男性器ばかりという印象。

 話の組み立てに仕掛けがあったりするものを除けば、凌辱要素はほとんどない。
 ハーレムタイプのお話かつ男主導でなく女側から弄ばれるのが好きであれば「愛だ恋だのいってないで」はかなり楽しめると思う。
 個人的には大当たりだった。

        

【2011/04/18 12:47】 | けろりん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「【はじめての女】隣人妻と女子大生」秋月耕太
「【はじめての女】隣人妻と女子大生」 秋月耕太/フランス書院文庫

 高校生の主人公が、バイト先の女子大生や近所の若妻と親しくなり、年上の余裕があった筈の女性陣が逆に虜になって……といった、フランス書院文庫の中だけでもけっこう類似の作品がありそうな気はする。弓月誠であるとか神瀬知巳であるとか。
 ただ、その中にあっても、かなり出来の良い作品じゃないかと思う。美少女文庫の方の印象が強かったので、こういうのも書くんだと思いつつ読了した。
 最終的には両手に花となるにしても、そこに至るまでの流れがなかなか面白い。バイト先で一緒の女子大生に誘惑されて関係を持ったものの、その後妙によそよそしくされて「遊びだったんだ」と落胆したところを、前から憧れていた近所の若妻に慰められてと、エロ小説的だけど自然に進んて行く。優しいながらもほとんど性交渉を持とうしない夫に対して、若く情熱的な主人公の虜になってしまう過程とか駆け足ではあるけれど巧く描いていると思う。冷たくしていた女子大生も実はといった後半からの話も意表を突くポイントがいくつも用意してあるし面白い。

 ヒロインが二人だけなので、エロ描写の密度も濃いし、いろいろとシチュエーションに凝っているのも魅力的。夫婦の寝室で夫を意識させてとか、初めてが欲しいんだと言われて後ろを許してしまうとか、人妻もののお約束的な行為ををしっかりと描いているのは、ありがちでもそれはそれで効果的だし、好感が持てる。
 一方で、女子大生の方も再登場してからぐっと存在感を出している。ある意味、初体験と逆になった状態での二回目が何とも良い。状況理解した上で最初にページを戻して読み返すとまた違った印象になるのも面白い。

 あえて文句を言うと、経験がなく受身的な主人公が、憧れを抱いていた相手に急にやりたい放題になって技巧的にも急にレベルアップ増強しているのがちょっと違和感があった。
 夫と電話しているところを悪戯とか好きな人には堪らないシチュエーションだとは思うし、大人の女性二人を並べて味比べというのも様式美的なものなので、そこだけ読むとかなり良いのだけど。
 受身プレイがけっこう良いので、そちらを活かしても良かったのじゃないかと思う。

 トータルとして、年上好きならばかなり満足できるだろう。また、恥ずかしい部分を見て楽しんだり、匂いを嗅ぐとかの、フェチ描写もあちこち見られて、その辺が好みの人はさらに評価加算されると思う。


        


【2010/12/13 22:05】 | 秋月耕太 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「女教師」ドリルムラタ
「女教師」ドリルムラタ/ティーアイネット

 内容がタイトルそのままで、高校生の主人公が次々と女教師と関係を持つといった展開の長編。
 少し高飛車で主人公を弄ぶ女教師、主人公が憧れている優しい女教師、人妻の保険医、部活の顧問でボーイッシュな女教師と、ヒロインは4人で変化をつけている。他に同級生とかはいっさい出さないので、女教師好き、あるいは年上好きにはポイントが高い。
 各ヒロインの簡単なプロフィールのページはあるが、特にあとがきや描き下ろし作品などは残念ながらなし。

 ふとしたきっかけで女教師に弄ばれるようになり、学業にも支障をきたすようになり、別の先生に相談したが信じて貰えず襲ってしまい、許されはしたものの気まずい状態なところに新たな……と続く流れ。ゲスト的に毎回違う相手が出ては消えるという訳ではなく、連鎖してはいるけれど、正直エロ重視でこったストーリー展開とはなっていない。フランス書院文庫辺りだと、それぞれに関係がばれるかして、最終的に皆と一緒にと言うハーレム展開にでもなりそうだが、並行関係が続いていく。一応のラストはあるけれど、続きを描けなくもないなと思える。
 陵辱系も描いている人だが、そういう展開はなし。襲ってしまってという流れくらいで、後で許されてもいる。

 本来メインヒロインになる筈の憧れの国語教師とも関係悪化して悩んだりした割に、思いが通じると却って引き気味になる主人公が少々不自然で終わりがちょっともやもやする。
ちょっと主人公の煮え切らなさとか気にならなくもないが、女教師ものが好きであれば楽しめると思う。そ ただしエロさ重視で見ればかなり良い。それぞれ一回登場して終わりで無く、回数重ねたりして密度を濃くしているし。変に複雑にしたり、話を作るためだけに不必要にごたごたと騒動を起こしたりするのより、良いのではないかと思う。


        

【2010/11/30 02:40】 | ドリルムラタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「自慰支援委員会」西安
「自慰支援委員会」 西安/ワニマガジン社

 全部で17本と、収録作品が多いだけに、総じて短い話が集められている。ロリ系の作品も多く描いている作者だが、掲載誌の為か高校生くらいのヒロインがほとんど。意外と珍しい感じがする。

 ストーリー構築に頁数を割けない関係で、手短に状況を描写してすぐにエロに行くという形になっている。さすがにキャリアが長いだけあって、どれも巧みに描かれていて、単に短めのエロ描写だけではなく、短いなりにまとめているのは巧いと感じる。

 初めて結ばれた後の恋人同士、運動部にご褒美を与えるチア部の女の子達、双子の姉妹二人を相手に等など、シチュエーションは様々。何となく全体としてどこか背徳感漂うような雰囲気になっている。それと女の子達がビッチ傾向にあるかなと感じる。
 なかでは、元のクラスメイトが着エロ、AVと出演するのというのを、主人公視点で俯瞰的に回想している作品「クラスのあのコ」、友達の母親と関係を重ねる「セフレママン」などがエロかった。「クラスのあのコ」はなまじヒロインを出して再会させたりしないのが良かった。実際の彼女がどうなのかはいっさいわからない方が効果的。美術部の先輩に弄ばれる唯一の男子部員という「にくおもちゃ生活」でも、実際には登場しない主人公の片想いの少女を巧く使っていた。

 描き下ろしなどはなく、コミックスとしての付加価値はあとがきの他、カバーを取った時の絵くらい。カラーページが32頁もあるのは得した気分にはなる。
 実際にきっちりと描写するより、断片情報やほのめかしみたいなものからエロ妄想を膨らませられる人には非常に良い作品集だと思う。
 
        


【2010/11/12 22:56】 | 西安 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「イマコシステム」緑のルーペ
「イマコシステム」 緑のルーペ/茜新社

 連載時から、一部でかもしれないがけっこうな注目を集めていた「イマコさん」のシリーズを一冊集めたコミックス。短編2本と後日談的な描き下ろしも収録されている。

 最初の読み切り「イマコさんと猫かぶり」では甘々な話となっていて、続編もその流れを受けていたものの、シリーズものとして回を重ねる毎に、不可思議な動きを見せていた。変な薬とか、寝取られとか調教とかのベクトルに向くと誰一人予想しなかったと思う。それでいて、そちらに舵を切ったと思ったら、最後にはまた意表をつくまとめ方で完結。
 連載時は賛否両論だったが、まとめて読むと数々の伏線が集約されてスッキリしたかというと、やや微妙。ただ、最後をわかっていて読み返すと安心感はあるし、暴走ぶりとかも納得いかなくはない。確かに最初の頃から、どう考えても間違わないだろうという齟齬をあえて描いていたり、何か変だなと匂わせていたし。

 エロマンガとしての評価で言うと、とりあえず、絵とかややバランスがおかしくなったりしているのも見受けられたり、強烈にエロ描写が圧倒的かと言えばそこまではいかないのだけど、波長が合うのか凄くエロく感じた。主人公のイチナとのラブラブな描写も、名も知らぬ男たちとのプレイも共に。ここら辺がエロマンガのエロ部分の面白い点だと思う。

 新人の初めての連作で思い切った冒険をしたと思う。純愛もの好きには途中経過で拒否され、代わりに歓迎した寝取られ好きからは裏切られたと拒絶され、けっこうな数の読者を振い落してしまった気がする。良い悪いは別として、とってつけたように最後だけめでたしめでたしにした訳ではなくて、当初から決めたゴールに向けて進んでいたのは感じられたので、そこは評価したい。
 描き下ろしは後日談でとりあえず二人で何とかやっているようで良かった。
 裏設定はいろいろとありそうで、出来ればあとがきで語って欲しかった。なんで登場人物すべてカタカナ表記なのかとか、気になったり。


          
      
 
【2010/10/03 16:22】 | 緑のルーペ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。